THE LIVING(ザ・リビング)@大田区千鳥町|季節限定のいちごパフェ「座ったままでイチゴ狩り」

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)の代表弁理士・山田龍也(@sweetsbenrishi)です。

今回紹介するお店は大田区・千鳥町の隠れ家的名店「THE LIVING(ザ・リビング)」。
季節限定・いちごパフェ「座ったままでイチゴ狩り」をリポートします。

2020年2月1日(土)。

今日は「大人の休日会」というイベントで大田区・千鳥町へ。

前回来店時の「ザ・シャイン」(シャインマスカットのパフェ)も衝撃的でした。

今回はすごいイチゴパフェを食べられるらしい。

楽しみ楽しみ。

目次

THE LIVING(ザ・リビング)のいちごパフェ「座ったままでイチゴ狩り」とは?

「座ったままでイチゴ狩り」は、THE LIVING(ザ・リビング)がいちごの季節だけ提供しているスペシャルなパフェです。

旬のいちごをふんだんに使ったデカ盛りパフェなんです。

まずはパフェの土台の部分が運ばれてきました。
土台だけで大ぶりの苺を35個も使っています。

使っている苺は「紅ほっぺ」です。

▲パフェの土台部分▲

次に運ばれてきたのが、旬のいちごを贅沢に使った「100%激ウマスムージー」。
見るだけで濃厚な感じが伝わってきます。

▲いちごのスムージー▲

そして、最後にパフェの本体!

どうですか?
この堂々たる佇まい。

▲ヤマダの顔より大きい?▲

うちのグループだけでこのパフェを3つ頼みました。
テーブルをはみ出しそうな勢いです。
大迫力!

▲マンモスいちごパフェのツープラトン攻撃!▲

パフェとスムージーを合わせると、1プレートあたり100個のいちごを使っています。
100個ですよ、100個!
4人でシェアしたので、1人あたり25個です!

早速、実食!

▲豪華なパフェを前にニヤニヤが止まりません(笑)▲

まずはスムージーから。

トロっとした食感で、とにかく濃厚。
いちごの旨味を凝縮させたドリンクです。

そして、パフェ本体へ。

前回のシャインマスカットに比べると、サッパリとしています。
いちごの爽やかさな酸味が印象的。
そして、いちごの果肉のしっかりした食感も楽しめます。
甘みだけではなく、適度に酸味がある紅ほっぺを使っているからですね。

パフェの中には、生クリーム、アイスクリーム、チョコレートクリーム、いちごのジュレが入っています。
チョコとベリーの相性は抜群でした。

旬のいちごを全面に押し出したフルーティーなパフェです。
スイーツ好きのヤマダからすると、もう少しクリーム部分のボリュームを増やして欲しいかな?

美味しゅうございました。

「座ったままでイチゴ狩り」の値段

「座ったままでイチゴ狩り」(5,800円)
「100%激ウマスムージー」(500円)

前回の「ザ・シャイン」(シャインマスカットのパフェ)は9,800円でした。
それに比べると少しお安めです。
シェアできるのは4人までなので、一人1,500円弱。
スムージーをプラスしても、2,000円までいきません。

スムージーはオプションメニューです。
「座ったままでイチゴ狩り」をオーダーした人のみ追加オーダーすることができます。

「座ったままでイチゴ狩り」の予約

「座ったままでイチゴ狩り」は、事前予約が必要です。

THE LIVINGのFacebookページから予約することができます。

https://www.facebook.com/the.living.tokyo

THE LIVING(ザ・リビング)のエッグベネディクト

THE LIVINGのコンセプトは「エッグベネディクトとシャンパンでリゾートホテルのようなブランチを楽しめる」です。

パフェだけではなく、エッグベネディクトも充実しています。
ちょっと紹介しておきましょう。

エッグベネディクト単品(2個入り)

エッグベネディクトは以下の5種類から選べます。
●マダム(トマトとアボカド)
●ニューヨーク(ハム)
●サーモン
●パストラミ
●パンチェッタ
パンチェッタだけ1,500円。
他の具材は1,200円です。
エッグベネディクトが2個つきます。
2種類の具材を組み合わせたハーフ&ハーフも可能です。

▲メニュー|エッグベネディクト▲

エッグベネディクトセット

エッグベネディクトのセットもあります。
こちらはエッグベネディクトに、ドリンク+日替わりプチアイスがついて1,700円。

▲メニュー|エッグベネディクトセット▲

サーモンベネディクト(ワンエグ)

ヤマダは「サーモンベネディクト」をオーダーしました。

▲サーモンベネディクト▲

ベースのマフィンは、表面をカリッと焼き上げてあって、中はフワモチの食感です。

そして、具材のサーモン。

そこに、ポーチドエッグの卵黄と、オランデーズソーズ(≒マヨネーズ)を絡めて頂きます。

マヨラーにはたまりません。
間違いない味。

高級ホテルの朝食を味わっている気分です。

考えてみたら、前回も「サーモンベネディクト」をオーダーしていました。
次は別の具材にします(笑)

これはエッグベネディクトが1個のハーフサイズ。
通称、「ワンエグ」です。

「ワンエグ」は、スペシャルパフェを頼んだ人のみの限定メニューです。

THE LIVING(ザ・リビング)のカレーライス

エッグベネディクト以外の軽食メニューとして、カレーライスもあります。
ヤマダはまだ食べたことがありません。
食べた人によると、スパイスが効いていて美味しいとのこと。

▲メニュー|カレーライス▲

THE LIVING(ザ・リビング)の店舗情報

あわせて読みたい
贅沢な大人の時間を過ごせる空間 ザ・リビング-THE LIVING-(東京都大田区/カフェ-Cafe-) ... ザ・リビング-THE LIVING- (カフェ/レストラン)は、東京都大田区 東急池上線千鳥町駅前の贅沢な大人の時間を過ごせる空間。ハイクラスな大人の方々がご満足いただけるク...

住所: 東京都大田区千鳥1-19-5 フラット千鳥2F

[map addr=”東京都大田区千鳥1-19-5 フラット千鳥2F”]

THE LIVINGは、蒲田駅から東急池上線・五反田方面行きに乗り、3つ目の駅「千鳥町」が最寄り駅です。

▲千鳥町駅。このお店に行く時以外、降りたことはありません(笑)▲

改札を出た正面にある通りを左手方向(池上方向)へ。
道路の右手に「このこのリーフ」という託児施設が見えてきます。
そのビルの2Fです。
千鳥町駅から徒歩1分くらいです。
(東急多摩川線「下丸子駅」からも徒歩6分で行けます)

見た目はごく普通の住居用マンションです。

入口に「THE LIVING」の看板が出ています。

▲THE LIVINGの入口▲

THE LIVINGの店内

住居用マンションのリビングダイニングを改造した店内。

飲食店という雰囲気はありません。
セレブのホームパーティーにお呼ばれしたようなイメージです。

▲店内風景(これは前回訪問した時の写真です)▲

写真のようなソファー席だけでなく、テーブル席やカウンター席もあります。

グループでもカップルでもお一人様でも楽しめるようになっています。
全部で20席くらい。

「贅沢な大人の時間を過ごせる空間」を標榜しているだけあって、落ち着いた雰囲気のお店です。

まとめ

THE LIVING。
二回目の訪問でしたが、今回も満足させてもらいました。

THE LIVINGでは旬のフルーツにこだわっています。
いちごのパフェ「座ったままでイチゴ狩り」は春先まででしょうね。

人気店なので、予約をとるのも大変です。
「座ったままでイチゴ狩り」を食べたい人はお早めに予約してください!

instagramでもスイーツ情報を発信しています。
こちらもご覧ください!
この記事を書いた人
スイーツ弁理士
東銀座の特許事務所の代表弁理士。お酒はまるでダメ。甘いものを食べることだけが楽しみ。スキあらばスイーツを食べ歩いています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役にたったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる