ピエール・エルメ・パリ「イスパハン」|バラの香りの優雅なお菓子

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)所長、弁理士の山田龍也(@sweetsbenrishi)です。

1/22(日)に、月に一度の持ち寄りスイーツ会を開催しました!

今日は女子ウケ抜群!可愛くておしゃれなケーキ、ピエール・エルメ・パリの「イスパハン」を紹介します。

持ち寄りスイーツ会も今回で3回目の開催です。

3回目ともなると、

● ただ美味しいスイーツを持っていくだけじゃ面白くない!
● みんながビックリするようなスイーツを持っていこう!

なんて事を考えるメンバーも出てきます。

今回も、生ケーキ、焼菓子、和菓子、フルーツ…。個性豊かなスイーツが集まりました!

目次

ピエール・エルメ・パリの「イスパハン」

今回集まったスイーツの中で一際、目を引いたのがこれ。

ピエール・エルメ・パリの「イスパハン」です。

見るからに美しく、華のあるケーキです。

箱を開けた瞬間に歓声が上がること、間違いなしです!

色鮮やかなピンクの焼きメレンゲ(マカロン生地)。
その上にはフランボワーズのトッピングに加えて、バラの花びら!

そして、マカロン生地の下にはバラの香りが漂うクリーム。
クリームの中にはフランボワーズとライチがぎっしりと敷き詰められています。

やっぱりバラの花びらと香りが印象的です。
ライチの品の良い甘みも効いています。
ただ見た目が可愛いだけではない、色香を感じるスイーツでした!

ピエール・エルメ・パリ HP

「あまおう」はいちごの王様、旬の味

今回、ヤマダが持ち込んだのはいちごの王様「あまおう」です。

いくらスイーツ会と言っても、ケーキばかりでは飽きてしまいますからね。
爽やかなフルーツをチョイスしました。
本当は「白イチゴ」を狙ってたんですけどね。

お店の人に聞いたら「やっぱり『あまおう』が美味しいです!」とのこと。

そして、選んだのがこれ!

どうです?
この存在感!

かなり大粒です。
ピンポン玉より大きいくらい。
ツヤツヤと光沢があって、僅かにオレンジがかった明るい赤色に染まっていて、甘いイイ香りがします。

口に含んでみると、適度に硬く、しっかりとした食感。
ほどよい酸味と濃厚な甘みのバランスが絶妙です。

「さすがはいちごの王様!」

1粒でも十分に満足することができる極上のスイーツでした。

その他のスイーツ

他にも色々なスイーツが集まったので紹介しておきます。

シーキューブ「酪農ロールケーキ」

一番手前にあるのは、シーキューブの「酪農ロールケーキ」。
フワフワの生地と、甘みを抑えたさっぱり系の生クリームのバランスが絶妙です。

シーキューブ HP

博多風美庵「博多美月(はかたみつき)」

その左にある赤い包みは、博多風美庵の「博多美月(はかたみつき)」。

これも博多名産あまおう苺を使っていますね。
フィナンシェです。

博多風美庵 HP

クロッカンシューザクザク「クロッカンシューザクザク」

右にある細長いお菓子は「クロッカンシューザクザク」。

ザクザクした食感の生地の中にクリームが詰まった、新感覚のシュークリームです。
パイ生地のシュークリームはよく見かけますが、これは知りませんでした。

バリバリっとワイルドな感じで食べると楽しいです!

クロッカンシューザクザク HP

他にも、

● フワフワ洋菓子感覚のどら焼き
● カフェコムサの生ケーキ

あわせて読みたい
Cafe comme ca │ Official Web 「カフェコムサ」は“日本の食をアートする”をテーマに、日本の四季を感じる旬の国産のフレッシュフルーツをふんだんに使用したアート感覚あふれるケーキをお作りします。

● 栗がたくさん入っていて栗感満載のモンブラン
● 王道のチョコレートケーキ
● クイニーアマン

もありました。

いやー、満足満足。
お腹いっぱいになりました!

次回は第4回です。

だんだんハードルが上がってきました。
何を持っていこうかな…。

じっくり考えたいと思います(笑)

この記事を書いた人
スイーツ弁理士
東銀座の特許事務所の代表弁理士。お酒はまるでダメ。甘いものを食べることだけが楽しみ。スキあらばスイーツを食べ歩いています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

役にたったらシェアしてください!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる