リール銀座@銀座|まるでフレンチレストラン。落ち着いた雰囲気のデザートラウンジ【閉店】

  • URLをコピーしました!

中小企業専門・クロスリンク特許事務所(東京都中央区銀座)所長、弁理士の山田龍也(@sweetsbenrishi)です。

週末にスイーツを楽しむ習慣。
「スイーツエンド」なんてね(笑)

今日はフレンチレストランのような落ち着いた雰囲気のデザートラウンジ「リール銀座」を紹介します。

目次

歌舞伎座の向かい、松屋の裏手にあるデザートラウンジ

事務所にいらっしゃった女性のお客様とリール銀座へ。

リール銀座は、昭和通りを挟んで歌舞伎座の対面、松屋の裏手にあります。
地下鉄・東銀座駅から昭和通りを日本橋方面へ。

昭和通りから一本裏手の通りに入ると、リール銀座の赤い屋根が見えてきます。

▲ 店舗入口

まるでフレンチレストラン。落ち着いた雰囲気と質の高いサービス

店内は決して広くはありませんが、テーブル、椅子、調度品等が落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

ホールスタッフの方のサービスもホスピタリティに溢れていて、フレンチレストランを彷彿とさせます。
質の高いサービスを受けているという満足感を味わわせてくれます。

▲ 店内の雰囲気

巨峰のレアチーズケーキ マスカットワインのサバイヨンソース

このお店はパフェも有名です。

でも、今回はデザートセットをチョイスしました。
アシェットデセール(皿盛りデザート)と飲み物のセットです。

ヤマダは「巨峰のレアチーズケーキ マスカットワインのサバイヨンソース」を。

▲ 巨峰のレアチーズケーキ マスカットワインのサバイヨンソース

シガレットと呼ばれる薄手の生地で作った王冠の中に、レアチーズケーキが入っています。

そして、レアチーズケーキに勝るとも劣らない存在感のサバイヨンソース。
甘さは控えめ、さっぱりとしてクリーミーなソースです。

トッピングはシャインマスカット。
王冠の周りには巨峰とブドウのゼリー。
パリっとした生地を崩し、サバイヨンソースと絡めながら頂きます。

そうですね…。
ヤマダ的にはどこかでフルーツの酸味を効かせて欲しかったかな。
一つ一つの素材が甘すぎるということはないのだけど、甘いものばかりが組み合わされていてアクセントがない感じ。
全体的に味がぼんやりしてしまっている感じがしました。

お客様はこのお店のスペシャリテ・アルフォンソマンゴーをたっぷり使ったマンゴープリンを。

マンゴープリンの周りにカットしたフレッシュマンゴー。
色鮮やかで見た目も楽しいですね。

▲ マンゴープリン

オーガニックティー(有機栽培茶)

リール銀座では厳選された有機栽培紅茶を楽しむことができます。

この日、用意されていた紅茶は6種類。

▲ オーガニックティー(有機栽培茶)

ヤマダはこの中から、有機スパイスティーをチョイスしました。

ピリッとスパイシーな香りがしました。

甘いスイーツと一緒に味わう紅茶。
この「ピリっ」がいい塩梅です。

▲ オーガニックティー(有機スパイスティー)

まとめ

歌舞伎座の直ぐ側です。
銀座で午後のゆったりした時間を過ごしたいと思ったら、立ち寄ってみてください。

落ち着いた空間、質の高いサービス、そして美味しいスイーツを味わえますよ!

お店情報

残念ながら、リール銀座は閉店してしまいました…。

リール銀座
東京都中央区銀座3-10-14-2F

[map addr=”東京都中央区銀座3-10-14-2F”]

インスタもやってます。
こちらもフォローしてくださいね。

山田 龍也
弁理士・ネーミングプロデューサー
15年かかって弁理士資格を取得。今は東銀座で細々と特許事務所を経営中。お酒はまるでダメ。甘いものと美味いものをを食べることだけが楽しみのスイーツ弁理士。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる